家出少女たちが思うこと

最近の若い女の子たちは短期間の家出を繰り返しています。いわゆる『プチ家出』というヤツです。
何故家出をしなきゃいけないのかというと、家に何らかの問題があるからですね。
多くの場合は親との関係にあります。
思春期ともなりますと、反抗期とも重なり多感な時期ですからちょっとしたことで怒りが爆発するのはよくあることです。
今は昔と違ってケータイやスマートフォンがあれば連絡はつきますし、ちょっと親の目から外れてもそれほど心配されることはありません。
どうせすぐ帰ってくるだろう、お腹が空いたら帰ってくるだろう、友達の家に泊まってるだろうなんて親は考えるわけです。
その安心感が仇となってしまっているのが、プチ家出からの神待ち出会いです。
家出をして友達の家に泊まるのはやはり限度があります。それぞれに家の事情がありますしね。
そうなって泊まるところがなくなると、他の誰かに泊めてもらう必要がでてきます。
自分でホテルを借りるのはリスクが大きいです。お金がないということと、未成年の場合ホテルの従業員に警察に連絡されるおそれがあるからです。
泊めてもらう誰かというのはケータイを使ってネット上から探すのです。
宛もなく探すのではなく、彼女たちのニーズに合わせた神待ち掲示板というのが用意されているのです。
そこへアクセスすると神と呼ばれる男性が支援の手を差し伸べてくれるのです。
しかしながら、神と言っても下心丸出しで不純な人が多いのが現実です。
見知らぬ男とセックスして食事をおごってもらったり、泊めてもらったりするのです。
親の心子知らずとは言いますが、子の心親知らずということもありますね。

家出サイトにも有料・無料サイトがある

出会い系サイトなどと同じように家出サイトにも利用料金が掛かるサイトとそうでないサイトがあります。
それはサイトの運営費が広告で賄われているか利用料金で賄われているかの違いです。
家出するような女の子は有料サイトなんて使わないんじゃないの?と思うことでしょう。
確かにそうです。女の子がお金を払ってまでサイトを利用することはありません。
つまり、家出少女は有料サイト無料サイトを問わずお金が一切掛からないというサイトがほとんどです。
払うのは男性だけなんですね。不公平な感じがしますが、そこは自分の財布との相談です。
そこそこお金があるなら多少有料サイトで利用料金を払ってでもいい子を見つけたいというのが男の性でしょう。
もちろん、有料サイトだから良くて無料サイトだから悪いということはありません。
最終的には運も関係してくるような話ですからね。有料サイトを使う場合は自分で上限を決めましょう。
ついつい使いすぎてしまうことがありますからね。
どうせお金を使うなら女の子に直接手厚く使いたいものですね。
一緒に食事に行くにもグレードの高い店に行くと女の子の態度が全然変わってきますからね。
ホテルもスイートを取ると・・・と言いたい所ですが、普通はそんなことしません。
金がジャブジャブに余ってるなら止めませんが、ラブホテルで十分です。
お金がないなら自宅に呼んでもいいでしょう。
有料サイトでも少しだけ無料で利用できるお試しポイントがついていることがあります。それを上手に使っていろんなサイトを見て回ることをオススメします。

フィクションじゃない神待ち出会い

家出少女といいコトできるという神待ち出会いですが、本当にそんなことあるの?作り話じゃないの?と思っている人が結構多いようです。
週刊雑誌とかで話題に登ることが多いので胡散臭く見えるんでしょうね。
ところが少し前にテレビ番組でドキュメンタリーとして某テレビ局から放送されました。
あれからようやく本当にあると信じるようになった人も多いようです。
テレビ番組で取り上げられたことで、やろうとする男性が増えたのはもちろんですが、知らなかった女の子も急激に利用者数を伸ばしているのです。
もしかしたら、番組のプロデューサーはいくらか貰ってるんじゃないかと疑いたくなりますね。
フィクションじゃないことは警察発表からも明らかです。まぁ、警察からの発表というと犯罪がらみの話だということは察しが付くと思います。
家出少女は警察に補導されやすいですからね。心配性の親が届出をしているケースも少なくありません。
未成年者との性行為は犯罪ですから警察はそれを取り締まるべく動いているわけです。
もちろん違法な風俗店などと違って店舗があるわけでもないので、偶然発見するというものがほとんどです。
家出少女は結構夜中でも出歩いてたりしますし、警察から職務質問されたりすることがあるんです。
そのときにおかしな言動を取ったり攻撃的な態度に出ると公務執行妨害などで身柄を確保されるわけです。
その際、ケータイのメール履歴から援助交際を匂わす内容が見つかると警察が動くというわけです。
自分がどれだけ気を付けていても、少女は常識が足りてない事が多いので足がつく可能性が高いのです。
だからというわけではありませんが、絶対に未成年者との性行為は止めましょう。
フィクションじゃなく実際にある話ですから。