カテゴリー別アーカイブ: 攻略法

ギャル系の子を攻略するには

若い子の中でもギャルっぽい子というのは居ますよね。
結構派手な格好をしていて、ギャル男にしかなびかないイメージがあります。
しかし、現実的には父親のような存在に憧れがあったりします。
実際の父親に甘えることはできなくても、父性豊かな人には甘えてきます。
ギャルの格好をイメージするとすぐに分かると思いますが、バイトの面接にあの格好で行きます。
ですから、大体落とされていますわけなんです。だからいつも財布の中はピンチだったりするんですね。
バイトしていたとしても、ケータイ代で全部消えるのが当たり前です。
お金がないので誰かにおごってもらおうというのは彼女たちにとって自然な考え方です。
同じ世代のギャル男もお金はないですから、オトナの男性に頼らざるを得ないのです。
結構エッチの方には積極的でテクニックのある子が多いのがギャルの特長です。
上手くやれば懐いてくれますし、テクもスゴいのでセックスの気持ちよさを求めるならギャルがオススメですね。
ギャルっぽい格好なのに甘えてくるというギャップ萌えも期待できますよ。
金だけが目的でそれ以外はさっぱりという子もいるのが玉にキズですけどね。
そういう子はこちらから願い下げするべきです。大人をナメないように躾けてやってください。
ズルズルと援助交際を続けてしまってはトラブルの元ですから一回限りにしておくのが賢いやり方です。
用心するに越したことはないでしょう。彼氏や元彼が彼女の家に乗り込んでくることがあるので、会うときは自分の家かホテルにしましょう。その子の家には行かないようにしてください。

2012年版、女子高生が使ってる“ギャル語”まとめ

控えめな女の子の攻略法

若い女の子と一口に言ってもいろんな性格の子がいます。
ギャルっぽい子や清楚な子、真面目タイプなどなど。
十人十色の彼女たちの中でも控えめな女の子が好きだという男性は多いんじゃないでしょうか。
男性側が一歩リードしていくにはそういう子がやりやすいということもありますからね。
歯に衣着せぬ言動を繰り返す子はイヤだというのは多くの男性の意見でしょう。
控えめな子というのは、あまり積極的に動かないケースが多いのです。
特に初めてのことをするときには躊躇します。自己防衛本能が強いとも言えますね。
同時に自分のことを値踏みしていることが多いのもまた事実です。
十分可愛いのに自分では可愛いとは思っていないとか、そういう類の話です。
そういう子にはこちらも奮発するといいでしょう。
お昼ご飯をおごるにしても、コンビニ弁当でいいです、なんて謙虚な態度を示されたら逆にちょっと高いレストランに連れて行きましょう。
若い子がおよそ来ることはないだろうという店がいいでしょうね。
初めての体験をさせてそれをポジティブに捉えさせるのがポイントですね。
そして話をするときは聞き上手に徹しましょう。どんどん自分のことを話させるのです。
そうすれば勝手にこちらに好意を持ってくれますよ。
高い部屋を予約するのもいいかもしれませんね。多少の出費は惜しまないという人は是非やってみてください。
こういう機会がないと若い子と楽しいことするなんてこと滅多にありませんからね。

家出サイトにも有料・無料サイトがある

出会い系サイトなどと同じように家出サイトにも利用料金が掛かるサイトとそうでないサイトがあります。
それはサイトの運営費が広告で賄われているか利用料金で賄われているかの違いです。
家出するような女の子は有料サイトなんて使わないんじゃないの?と思うことでしょう。
確かにそうです。女の子がお金を払ってまでサイトを利用することはありません。
つまり、家出少女は有料サイト無料サイトを問わずお金が一切掛からないというサイトがほとんどです。
払うのは男性だけなんですね。不公平な感じがしますが、そこは自分の財布との相談です。
そこそこお金があるなら多少有料サイトで利用料金を払ってでもいい子を見つけたいというのが男の性でしょう。
もちろん、有料サイトだから良くて無料サイトだから悪いということはありません。
最終的には運も関係してくるような話ですからね。有料サイトを使う場合は自分で上限を決めましょう。
ついつい使いすぎてしまうことがありますからね。
どうせお金を使うなら女の子に直接手厚く使いたいものですね。
一緒に食事に行くにもグレードの高い店に行くと女の子の態度が全然変わってきますからね。
ホテルもスイートを取ると・・・と言いたい所ですが、普通はそんなことしません。
金がジャブジャブに余ってるなら止めませんが、ラブホテルで十分です。
お金がないなら自宅に呼んでもいいでしょう。
有料サイトでも少しだけ無料で利用できるお試しポイントがついていることがあります。それを上手に使っていろんなサイトを見て回ることをオススメします。